医院紹介 治療について 診療予約 御相談・御意見
 
 
 
 
 
 
 
 

従来は歯根がなくなった場合、隣り合わせた健康な歯を削り金属製のブリッジを梯子のように架けて歯を補ってきました。殆どの歯を失った場合部分入れ歯を入れるしか方法がありませんでした。しかしかぶせ物をした健康な歯も隙間に食べかすが入りやすくなり虫歯になったり、入れ歯で味覚が損なわれるなどマイナス面が多かった事から、本物の歯同様の人工歯をつくる研究が進められました。
ここから生まれたものがインプラントつまり人工歯根です。骨折した場合に体内に入れる固定プレートや人工心臓などと同じように、人工歯根を顎の骨に埋め込むことで天然歯とほとんど同様に機能することが出来るようになりました。
小さな純チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨組織に入れます。手術は麻酔して行い1本1回30分程度です。このインプラントの周囲に自然に骨が成長し、やがてインプラントと骨が結合します。
その上に人工歯をしっかりと固定します。適切にお手入れを行えば何十年でも口腔内で固定されしっかりと機能します。



Allright reserved by smilecare group デンタルトリートメントサロン(千代田区外神田)